軽量で人気のおすすめ折りたたみ電動自転車ランキングベスト5

最近町でよく見かける折りたたみ式の電動自転車。軽量化が進みデザインもおしゃれなものが多く発売されていて人気となっています。

折りたたみ電動自転車は狭い家でも収納ができて通勤や買物・街乗りが楽になるだけでなく、列車や車などと併用すれば旅行先でも行動範囲が増えて楽しみが増えるなどのメリットがあります。

今回は折りたたみ式電動自転車を選ぶ際の超重要なポイントとデザイン・携帯性に優れていて人気の自転車5つをランキング形式で紹介します。

折りたたみ式電動自転車を選ぶ時のポイント

後になって「失敗した」と後悔しないためにも、折りたたみ式電動自転車を選ぶときに注意すべきポイントを紹介します。
ポイントは以下の3つです。

  1. メーカーの選定
  2. 自転車の重量
  3. バッテリーの容量

1.メーカーの選定

壊れた自転車
折りたたみ電動自転車を選ぶ際に最も重視すべき最重要ポイントは「メーカーの選定」です。

折りたたみ電動自転車は国内外様々なメーカーが発売していて、それぞれ価格も結構な差があります。

間違っても一番安いからとか激安だからといった理由で無名の海外メーカーを選ばないでください。

というのも実は自転車の欠損品による事故はここ10年で急増しているんです(参考:独立行政法人 国民生活センター)。

事故例

こうやって記事を書いている自分も怖くなってきますが、このような欠陥自転車が急増した理由は市場に出回る自転車の90%が輸入品であることが背景の1つと言われています。

輸入品が全て悪いとは言いませんが、輸入品の良し悪しは個人では絶対判断出来ないので価格が高くても一番信頼できる国内メーカーで生産されたものを選ぶか、安価なものの中でも国家公安委員会の定める試験に合格した型式認定車両(TSマーク)またはJIS規格基準にのっとった自転車を選ぶことをおすすめします(当記事ではこれらの基準を満たした物を紹介しています)。

2.自転車の重量

重量
折りたたみ自転車と聞くと軽くて簡単に持ち運べそうなイメージがありますが、電動の場合どうしても普通の自転車よりは重量が重たくなってしまいます。各メーカーから発売されている折りたたみ電動自転車の平均重量は約20kgです。

物によってはもっと重くて、もはや折りたたみであることのメリットがないんじゃないの?というものもあれば12.6kgという軽量化を実現させているモデルもあったりと多種多様なので購入の際には必ず重量は確認しておきましょう。

3.バッテリーの容量

バッテリー
電動自転車を選ぶ時のポイントでもう1つ重要な点はバッテリーの容量です。バッテリーは容量が大きければ大きいほど走行距離・走行時間が長くなります。

容量が大きいほど価格が高くなるというデメリットもありますが、多少高くなってもなるべくバッテリー容量が大きいものを選ぶことをおすすめします。せっかくの電動自転車ですからバッテリー切れを心配すること無く快適に走行したいものです。

バッテリーの切れた電動自転車って最悪ですよ。ただの重たい自転車です。

おすすめ人気折りたたみ電動自転車5選

1.パナソニック オフタイム

パナソニック オフタイム
まず一番におすすめしたいのがパナソニックの折りたたみ電動自転車「オフタイム」。

他の自転車と比較しても高めの価格設定となっていますが、性能を考慮すればそれ相応のものだと思えます。

パナソニック オフタイムの特徴

  • 8.0Ahの大容量バッテリー
  • 20.5kgの軽量モデル
  • 外装7段変速
  • 3年間盗難補償

8.0Ahの小型大容量バッテリー搭載で最長約59kmもの長距離走行が可能です。また折りたたむと88cm×66cm×49cmとコンパクトになり重量も平均的な20kgモデルなので比較的持ち運びも楽です。

なんといっても信頼のおけるパナソニックという国内メーカーが製造しているという点もおすすめする理由です。

パナソニックの電動自転車はすべて国内の職人さんが製造しているということもあり安心して選べますね。また3年間盗難補償が無料でついてくるのも大手メーカーならではのサポートです。

2.SUISUI KH-DCY03

SUISUI KH DCY03
電動アシスト付自転車とは思えないシンプルでスマートなデザイン。折り畳み式で軽量なアルミを使用しているため持ち運びや置き場所に困りません。

6段変速ギア搭載で、最大30kmアシスト走行可能なので、手軽に本格的電動アシスト自転車を楽しみたい方におすすめです!

上記で紹介したパナソニックのような高価格帯商品はちょっと厳しいとうい方へおすすめです。優れた検査基準で安心の自転車です。

SUISUI KH-DCY03の特徴

  • 5.0Ahの容量バッテリー
  • 20.0kgモデル
  • グリップ式6段変速機付
  • 最大走行距離:約30km
  • 軽量のアルミフレーム

3.パスピエ20R

パスピエ20RR
製品の一つ一つをJISに準拠したものを使用し、低価格帯では取得困難な型式認定(TSマーク)を取得したコスパモデル。初めての折りたたみ電動自転車としておすすめです。

パスピエ20Rの特徴

  • 8.0Ahの容量バッテリー
  • 22.0kgモデル
  • 外装6段変速
  • 最長39km走行可能
  • 安心の2重ロック式

4.HUMMER

HAMMER
HUMMERブランドの折畳み電動アシスト自転車登場!折畳みスポーツアシストサイクルという電動アシスト自転車の新しい楽しみ方を提案します。

26インチで迫力がありフロントサスペンションも搭載しているので路面の衝撃を吸収して乗り心地が良くスムーズに走行できるマウンテンバイクになっています。

街乗りからツーリング、または車や電車で目的地まで移動して現地での手軽な移動手段として工夫次第で楽しみ方は無限大です。

HUMMERの特徴

  • 5.8Ahの容量バッテリー
  • 22kgの軽量モデル
  • 外装7段変速
  • 最長アシスト距離:約35km

5.デイトナ DE01

デイトナ
「今までにない、でもニーズがある」新しいコンセプトと価値観を詰め込んだ自転車「DE 01」。

デイトナの電動自転車は、楽しく乗れて、被写体にもなる、所有欲をそそる折りたたみ式電動アシスト自転車です。

デイトナの特徴

  • 6.6Ahの容量バッテリー
  • 16.8kgの軽量モデル
  • 軽量アルミフレーム採用
  • 外装7段変速
  • 最長アシスト距離:約50km

まとめ

折りたたみ電動自転車で安心のできるTSマーク・JIS規格基準を満たしているものって意外と少なく、性能と価格のバランスが取れたおすすめできるモデルは今回紹介した5タイプくらいしかありませんでした。

快適に安全に永く乗り続けるためにも信頼のできるモデルを選んで楽しい自転車ライフを送ってください。

軽量で電車持ち込みもOKなブランド折りたたみ自転車おすすめ7選

2017.04.12

楽天カードを作って安く自転車を購入しよう!!

私自身、楽天ショップで自転車を購入したのですが他と比べても一番安かったし、もらったポイントでさらにアクセサリを購入したりとかなりお得な買い物ができました。

楽天カードは入会費ナシ・年会費も永年無料。セール開催中は楽天ポイントが10倍つくことがあったりと、持ってないほうが損と言っても過言ではありません。 さらに今なら新規入会&カード利用でもれなく5,000ポイント(5,000円分)がもらえます!!

まだカードを持っていない方は、ぜひこの機会にカード作成されることをおすすめします。