意外と高コスパ!!電動自転車は維持費ほぼ0円でメリットだらけ

電動自転車本体は10万円を超えるものも多く、購入するにも決断力がいる商品になります。

しかし電動自転車は購入後の顧客満足度が最も高いと言われている商品でもあり、実際に一度電動自転車に便利さを知ってしまったら普通の自転車に戻ることは出来ません。

バイクや自動車を所有するとなると駐車場の確保・各種税金・保険代とかなりの出費になりますが、電動アシスト自転車なら購入後の維持費・管理費はほぼタダです

当記事では電動自転車の維持費の安さ・メリットを紹介します。

驚くほど安い充電コスト

電動アシスト自転車の電気代は1回の充電につきおよそ10円程度です。バッテリー容量によっては多少前後しますが誤差程度です。10円の充電一回で50km程度は走るわけです。これは原付きや車と比較すると圧倒的に経済的です。

原付を例に計算してみましょう。原付きなら実質の燃費がリッターあたり60キロ程度でしょう。ガソリン価格が1リットル120円とすると、走行距離1kmあたり2円かかる計算になります。ちなみに自動車の場合、これが1kmあたり10円になってきます。

ところが電動アシスト自転車ならなんと0.2円!!原付き・自動車とは比較にならないくらいの計算ですね。

駐車場台も安い

経済的という意味では例えば駐輪場の値段も違います。例えばマンションの駐輪場代が年間2,000円だとすると原付きだとその2倍・3倍はするでしょう。車なら下手したら10倍です。首都圏ならもっと違うはずです。

街なかや駅にある駐輪場に関しても料金は全く違ってきます。自転車なら60分100円のところがバイクは20分100円だったりします。しかも自転車なら最初の3時間は無料なんてのもよくありますしね。車のパーキングに関しては比較にならないくらいですね。

登録料・税金もかからない

維持費ということでいうと、電動アシスト自転車はナンバープレートのようなものがありません。原付きだとこのナンバープレート更新の際の手数料や税金やらでお金が飛んでいきます。さらにナンバープレート交付による自賠責保険も年間7,000円くらい必要になります。

電動アシスト自転車も任意保険程度なら加入するべきだと個人的には思っていますが、その任意保険ですら原付きオートバイ・自動車保険と比較しても格段に安いのです。

まとめ

以上、電動アシスト自転車の維持費に関して触れてきましたが、バイク・自動車と比較するとその維持費はタダ同然のようなものです。

田舎で公共交通機関がなくどうしても車が必要ならまだしも、都心や大都市に住んでいるのであれば車の所有なんてかなりの金額になるはず。

小回りが効いて近所の買物や通勤・通学にももってこい、健康にもよくエコな電動アシスト自転車の購入を考えてはいかがでしょうか。

10万円以下で買える電動アシスト自転車全モデルと最安値ショップ紹介

2017.12.01