知ってた?電動自転車は時速24km以上でアシスト機能がオフになる

最近、よく見かける子供乗せ電動自転車。一般的に「電動自転車」と皆さんが呼んでいるあの自転車ですが、あれ実は正式名称は「電動アシスト自転車」といいます。

そしてこの電動アシスト自転車なんですが法令によって時速24kmになった時点でアシスト機能がオフになるように定められているんです。

今回はそもそも「電動アシスト自転車とは?」というお話と「電動アシスト自転車」と「電動自転車」の違いを説明します。

電動アシスト自転車の定義

電動アシスト自転車は道路交通法では「人の力を補うため原動機を用いる自転車」あるいは「駆動補助機付自転車」と呼称されています。

要はあくまでも人が自転車をこぐのをアシストしてくれる自転車なんですね。

この「電動アシスト自転車」は一般的な「自転車」として扱われるので、普通の自転車と同じように運転免許証の携帯やヘルメットの着用・自賠責保険の加入は不要です。

そして道路交通法には「時速10km~時速24kmまでは、その比率を速度に応じて徐々に下げ、時速24kmを超えるとアシスト率はゼロになる」といった内容の記載があります。

電動アシスト自転車ではまさにこの規定に従ってアシスト機能がオフになるようになっています。

ときどき電動アシスト自転車の速度が出ない、遅い、とおっしゃられる方がいますが、それは自転車の速度が24kmを超えるとアシスト機能が必ずOFFになるように法律に従ってメーカーが設定しているからなんです。

電動自転車の定義

一方、時速24kmを超えても電動で走り続ける自転車は一般的に「フルアシスト電動自転車」と呼ばれ法律によって原動機付き自転車と同じ扱いをうけナンバープレートの登録や自賠責保険の加入が必要になり、もちろん歩道の走行などもできません。

自転車屋さんに行くと売っている「パナソニック」「ヤマハ」「ブリジストン」等のメーカーが製造した電動自転車・子供乗せ電動自転車はこのカテゴリーには入りません。

ネットで購入できる海外製の電動自転車は公道で走る場合はヘッドライト・ウィンカー・ブレーキランプ等の保安部品を装備した上で、原動機付き自転車としての登録と自賠責保険の登録が必要となるので注意してください。

電動アシスト自転車と電動自転車のちがいまとめ

「電動アシスト自転車」と「電動自転車」の違いはこの時速24kmを超えた時点でアシスト機能がOFFになるのかならないかです。

アシスト電動自転車はどちらかと言うと速度を出す為のアシストを目的としているのではなく、発進時や重量のある荷物を運んでいる時、坂道や、下り坂などで前に進む力をアシストするのを目的として作られています。

以上意外と知られていない「電動アシスト自転車」と「電動自転車」の違いでした。